UC体験記

【見っけた】診断された時に撮った内視鏡の写真をさらしてみる【UC体験記】

星谷
星谷

こんにちは、星谷です。

なんとなんと、見つけたよー!!何年か前に失くしたって言ってた内視鏡の写真!!

 icon-arrow-down その写真をもらった時の話

ついに診断確定。そして入院編へ…【UC体験記】 ≪ 前 | 体験記もくじ | 次 ≫ これは私個人の体験談です。症状の出方には個人差があり、経過も千差万別で...

これは私個人の体験談です。症状の出方には個人差があり、経過も千差万別です。

なんとオカンの書類の間に挟まってました…

母から「写真あったよ!」と言われた時はマジで驚きました。

何年も行方不明だったのに、失くしたことを記事に書いた数日後に見つかるとか、なんというミラクル……。

ちょうど内視鏡写真の記事を書いていた時、母に当時のことを聞きつつ「あの写真どこにいっちゃったんだろうねー」なんて、話していたんですよね。

とはいえ、こんなにすぐに見つかるなんて。

内視鏡写真さんや、よくぞ出て来てくれた!もう一度、ちゃんと見てみたかったんだよ……!

写真の閲覧にあたっての諸注意

読んでくださっている方の中には、「人の腸を見るのはちょっと…」という人もいると思うので、画像の表示にはワンクッションはさみたいと思います。

「大丈夫です。参考に見てみたい」という方は、下の方の” 大腸の写真をみてみる ” からお進みください。

あれよ、苦手なのに見に行っといて「何見せてくれとんのじゃボケェ!」みたいなのはナシだからね。

こっちも流石に「えっ……」てなっちゃうから。

見るか見ないか、見たら自分がダメそうかどうかは、ご自身で判断してくださいね。

それにしても、先生なんでこれくれたんだろう。記念的なアレだろうか。

……え。まさかこういうの本来は貰うとダメなやつって事ないよね……(急にこわくなってきた人)

完全に、「妊婦さんが産婦人科の検診でエコーの写真もらって帰って来た」のと同じノリでいたんだけど……えっ。

なんにせよ、当時のことが分かる代物であり、何より今は亡き(?)大腸さんの貴重なお写真なので、頂けたことに心から感謝です。

え? 写真を失くしたやつの言うことじゃないって? くっ、否定できない……。

マジな話、なくしてから割とガチでヘコんでたので、次はしっかりと手元に大切に保管しておこうと思います。

なくし物には気を付けよう!

さぁ、というわけで人様に見せるのは初めてのお写真、公開です

下記のリンクを押してから、少し下にスクロールすると解説付き写真が出てきます。いきなり写真が目に入ることはないのでご安心を。

ただ、グロいのに耐性がない方はマジで気を付けてください。

★ 大腸の内視鏡写真を見る(※ご注意ください)

クリックした、という事はあなたは見ても大丈夫なんですね?

苦手だけどうっかりクリックしちゃったなんて方は、すぐに戻ってくださいね。

大腸のどの辺りを見たのか判明

この写真を発見して分かったことがあります。

直腸付近しか見てないと思い込んでたら、下行結腸まで見てたらしい事が判明しました(白目)

そりゃ叫びもするよね……。

なんで判明したかも説明しつつ、さっそく写真を見てみましょう。写真は2枚あります。

スマホの方は指でにゅーんと拡大していただければ、よく見えると思います。

ちなみに、上の画像の4に映っている青っぽい黒っぽい所のは、染色液かなんかだと思われる。

そして下の画像は、上の画像よりも深いところを撮ったやつなんだけど、奥の方が潰瘍っぽいのが酷いようにみえますね。

画像の横には D とか S とか Rs といった、先生が書いてくれたであろう文字があります。これ、大腸のどの部分かを指しているんですよ。調べましたw

そしたら、Dって下行結腸のことだったよ!わりと奥まで見てたね (笑)

撮影した時間をみてみると、大腸の奥の方 (下行結腸) から手前 (肛門に近い方)にかけて撮影していったようで。

ガッと奥に行けるところまで内視鏡を入れてしまって、それから手前に引いて撮っていったんだな、ということが察せられます。

画像では、分かりやすく肛門から近い順に番号を振ってみました。多少の誤差はあれど、大体こんな感じの部位、範囲を撮影したんだと思われる ↓ (オレンジの部分)

写真の画像に気づいた点を書き込んでみた

画像そのものだけでも炎症があるのは分かると思うんだけど、より分かりやすいかなーと思って、ちょっと色々と書き込んでみました。

5、6のとこなんかは、陰影あるからすごく分かりやすいと思います。さりげに1に映ってるくぼみもちょっとこわいよね…。

あまり個人の画像ってみることがないと思うので、役に立つかは分からないけれど、何かしらの参考にでもなれば幸いです。

★ 閉じる

関連記事