UC体験記

潰瘍性大腸炎という名を目にはしていた【UC体験記】

星谷
星谷

こんにちは、星谷です。

内科クリニックに行ったはいいけど、そこからまぁ~事が進まない……症状は進みまくってるけどな!

――というのが 前回 のお話でした。

これは私個人の体験談です。症状の出方には個人差があり、経過も千差万別です。

心配な時ってとりあえず検索しちゃうよね

実は、潰瘍性大腸炎 というワードには、わりと早い段階で出会っておりました。

下痢の回数が増えてきた頃、心配になって気になるワードで調べまくってたんです。

「下痢 腹痛」とか「下痢 体重減る」とか思いつくものを色々ね。

2009年当時は まだガラケーの時代だったけど、そらもう必死でした (笑)

で。いざ検索してみると、色んなページでめっちゃ見るんですよ。この3つの病名を。

ほうほう、「過敏性腸症候群」に?「潰瘍性大腸炎」……と、あとは「クローン病」かぁ!うわ~すっごーい!

って、ア ホ か (^o^)

内2つが難病ってどういうことだよ!!こわいわ!!

……とまぁ、検索結果に若干ビビりつつも、しかしこれまで大した病気にかかった事のなかった私は、何の根拠もなしにこう思っていました。

でも、私が難病になるはずがないか って。

星谷
星谷

もうさ、この3択の中で一番なる確率たかそうなやつっていったら、「過敏性腸症候群」て思うじゃん?

ていうか、そうだと思いたいじゃん?(もはや願望)

思い込みっておそろしい

「難病?……ああ。あ~、うん。ドラマとかで見るよね~」と、どこか他人事に思えてしまうような、非日常的な響き。

それは家族も同じ感覚でいたと思います。

私がお腹を抱えている姿も、周囲には「一時的なものだろう」と、さほど深刻なようには映っていなかったでしょうから。それも、無理もない話です。

そうこうしている内に検査結果がでた

話はクリニックにもどりまして。

急激なスピードで体調が悪化していく中、検査結果を聞きに再びクリニックを受診したわけですが……。

「はい……?」ってなりました。まじで。

もう、この時の絶望感といったら。

要は、特にウイルスらしきものは見つからなかったんですね。

けっこうな高熱も出ていて、病院に出向くのにもフガフガしながら行ったのに、結果が陰性(=問題ない)って……そんなわけあるかーい!!

「ああ、このまま此処に通っていたんじゃダメになる……」とようやくここで悟りました(遅い)

段々と専門の胃腸科に受診したい思いが強くなるが…

しかし、悟ったというのにも関わらず、胃腸科にかかるまでに更に1~2週間の時がかかります。

ハァ?って思ったでしょ?

う ん 、私 も そ う 思 う ^^

家族に「胃腸科に行きたい」と言える状況じゃなかった

うーん。

というのも当時、祖父が旅先でぶっ倒れまして。なんとドクターヘリで運ばれるという緊急事態が勃発したんですよね。

今思えばホントになんつータイミングだよ……。

祖父は言ってしまえば、家の色々な主導権を握っている「家族のドン」だったので、そらもう一大事だったわけです。

友人に散歩してくるといって宿を出たあと、脳出血で倒れたらしいよ……。

幸い連休の時で人通りも多く、すぐに発見されたので一命はとりとめましたが (奇跡)、高次脳機能に障害が残ってしまいました。

たしか手術はなかったけど、数週間は入院してたかな。

祖父の入院先が離れた場所だったので、親はすごくバタバタしていたし、とても「すぐに胃腸科行ってほしい」なんて言える空気ではなかったのです。

とはいえ自分の症状も治まってはくれないわけで…

このバタバタ期間中、私はというと排便時に鮮血がみられるようになっていました。

さすがに血が出だすとけっこう焦るね。

祖父の件が落ち着いてきた頃に、やっと「連れて行ってほしい」と母に言い、念願?の胃腸科に行くことになったのでした。

関連記事